会社概要製品・サービス採用情報お問い合わせ

開発プロセスと手法

(1)業務の調査・分析

  • プロトタイプ作成ご支援
  • 分析の「見える化」

(2)業務要件&仕様の定義

  • プロトタイプ作成ご支援
  • 要件の「見える化」

(3)SEによる業務の理解


(4)業務システム設計(TABLE設計)

  • 外部設計/内部設計(TOA)

(5)ジェネレータの活用方式の決定


(6)Waltzによる自動生成

  • 1.DATA BASE の作成
  • 2.Business Logicの生成
  • 3.PRE-DESIGN TABLE の作成
  • 4.CSV FILE の作成
  • 5.スパイラル開発

(7)システム機能の実装

  • 既存部品の活用
  • 手作業による調整

(8)画面作成(HTML) or 帳票作成

  • 自動転換⇒画面作成(HTML)
  • ノンプログラミング⇒帳票作成

(9)実データテスト


← アジャイル型開発の成果  システムの対応環境 →


▲このページのTOPへ